本文へ
ここから本文です

トレーサビリティシステム

トレーサビリティシステムとは

トレーサビリティシステムのイメージ画像です。

 トレーサビリティシステムは、インターネット上で生産者による生産履歴情報登録や、消費者からの生産履歴情報検索を行えるシステムです。
 近年、産地や賞味期限の偽装表示、BSE(牛海綿状脳症)騒動等に伴い、食品の品質や安全性に対する関心が高まっています。 食品に対する安心、安全を得るためには、その食品が「いつ」、「どこで」、「だれが」、「どのように」生産したのかを確認できる必要があります。
 そのため、消費者と生産者をネットワークでつなぎ、安心と安全のための情報を提供する、トレーサビリティシステムの導入を促進することが重要となっています。


房総ポーク

房総ポーク生産履歴検索画面です。

 安全、安心を第一に、より美味しい豚肉(房総ポーク)を提供するため、日々豚の管理、向上に取り組んでおられる房総ポーク販売促進協議会様。 豚肉におけるトレーサビリティシステムの重要性をいち早く認識し、消費者の皆様に安心してご購入していただけるよう導入されました。 「房総ポーク」は豊かな自然と温暖な気候に囲まれた環境で育てられています。

房総ポークホームページはこちらから